告知タイプの種類とメリット

告知に使用するタイプは出張所といった常設店以外の場所で使用するものが多く、他のタイプと比べてみると量が多くかつ手軽に用意できるのが特徴です。
広告幕はデパートやショッピングセンター、イベント会場といった短期間のイベントやキャンペーンで使用されることが多く、素材は主にテント用の生地や布製の綿地があります。
このタイプは布のため長期間の使用には向いておらず劣化が早いので注意が必要です。
また風にも弱いため飛ばされたり、破れたりしないように風穴を開けて耐久力を上げておきましょう。
バナーフラッグは袖看板のように店の横に置いたり、広告幕のようにイベントの告知に使用したりと用途が多いのが特徴でさらに布やプラスチック、スチールといった素材の種類も豊富なため使用用途によって使い分けることができます。
バナーフラッグと同じようにのぼり旗も併せて設置することが多い看板でこちらは布が多く、主に業種や販売されている商品が目立つようにアピールする目的で使用されています。
テントもこの告知タイプで主に本体にロゴマークや情報を表記して使用されています。
またテントは生地と鉄骨枠を組み合わせて立体的な形状やデザインを作ることができ、それによって店のイメージを他のものよりも強くアピールすることができます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 看板の種類と設置するメリットについて All Rights Reserved.