看板の種類と設置するメリットについて TOPコンテンツ一覧 >壁に取り付けるタイプの種類とメリット

壁に取り付けるタイプの種類とメリット

壁に取り付けるタイプはどちらかというと通行人が見上げて確認するタイプの上に設置するものが多いです。
屋上広告板や屋上広告塔といった屋上がある場所に設置するものは広告の面積が大きいため立てるタイプよりも遠い場所からの視認性が高く、多くのビルの屋上や空から見ることができます。
また屋上広告塔に設置するものは四角い形状のものが多いため四方に情報を出してアピールすることができます。
建物の壁面に取り付ける壁面広告は建物の外観や雰囲気によって、看板のデザインをそれと統一させると店のコンセプトを来店者に明確に伝えることができます。
建物の側面に突き出して設置する袖看板は道路に対して直角に二方向に情報を出すことができますので、屋上のものと比べるとアピール度は下がりますが、それでも道路から見て目立つため迷ったときは場所の特定に役立ちます。
またこのタイプは他よりも小さいためビルが密集した狭い場所や小さい店であっても設置することができます。
壁に取り付けるタイプは立てるタイプと比べてみると装飾をするといった設置する場合の自由があまりききませんが、その分大型のものが多く目立つため大勢の人の目に留まりやすいのが特徴です。
なので一人でも多くの人にアピールしたい場合にはこのタイプはお勧めです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 看板の種類と設置するメリットについて All Rights Reserved.