その他の看板の種類とメリット

看板は敷地内に設置するタイプや壁に取り付けるタイプ以外にも種類があります。
チャンネル文字はネオンサインと同じく電気を使用する主に店名を表記するときに設置されるものでスチールやアルミの板を加工して箱型の文字を作り、裏側にLEDなどを取り付けて文字を光らせるというものです。
さらにスポットライトを利用すれば陰影を強調する効果によってよりインパクトを演出することができます。
アドバルーンは主にデパートや商店街、展示会などで演出を盛り上げる目的で使用されるものですが、大型のものだけあって遠くからでも目立つためバーゲンといったイベントの際は来店者を案内するための誘導物としての役割を果たすときもあります。
ウインドシートは店の窓やガラス戸といったガラス部分に掲示するもので、ガラスにマーキングシートを使用して文字を作り店名や情報を掲示するタイプとインクジェットシートを使用し写真やグラフィックをプリントして掲示するタイプがあります。
どちらも貼り付けるだけで誰でも手軽にできるためガラス部分を有効利用したい場合にはお勧めです。
小さいものではタペストリーという方法もあります。
これは文字だけでなく写真や絵といったさまざまな情報をのせることができ、いつでも手軽に内容を変更できるため便利です。

    管理人のお薦めWEBインフォメーション

  • サイト上のみで見積もりから注文まで速やかに行うことができるモノクロ冊子印刷専門の印刷会社を探しているなら立葉印刷がおすすすめです。低価格なのにかなりの高品質なので安心して任せることができますし、なにより大手のサービスと違って担当者が親身になってくれるので納期まで時間が無くて困っているときに急ぎで対応してもらえたりなど利用しやすいサービスになっています。会員登録するとマイページを持つことができて次回の利用も注文の履歴から簡単にできるので、もしリピートするようなら登録しておくと便利です。とても利用しやすい印刷サービスになっているのでおすすめです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 看板の種類と設置するメリットについて All Rights Reserved.