夜間に派手に宣伝する

夜の闇の中でも光り輝いて宣伝できるのが、電飾を使った種類の広告の魅力です。
スタンドタイプや壁面など色んな所に設置をすることが出来るよう、サイズも複数あります。
切り文字看板を裏からライトで明るくするタイプは常に同じ文字を宣伝するのに適していて、色んなメッセージを伝えたい場合には電光掲示板を利用した種類が適しています。
以前はとても電気料が掛かった宣伝方法ですが、現在では消費電力が少なくて長持ちする電球が開発されているため、コストはだいぶ減っています。
しかしスタンドタイプの看板は通行人が倒してしまったり、キャスターがついてるものなどは強風で倒れてしまうこともあるため、必要なとき以外は店頭から片付けるなどの対策が必要です。
また、漏電などを起こしてしまわないよう、定期的に配線の破損は確認しましょう。
そして、電球が切れてしまったものをいつまでも使わないようにすることも大切です。
読み取れない文字があっては、電飾にして目立たせる意味が無くなってしまいますから、点灯した時に文字などが読み取れる状態であるか確認しましょう。
電球のサイズもまちまちで、壁面に使うものは大きな電球でも良いですが店頭のものは電球が大きすぎると近くを歩いている人には何が表示されているか読み取れない状態になるので、どの程度の距離にいる人に対しての宣伝かによって読み取りやすいサイズにすると良いです。

    一押し情報

  • インテリアやDIYでの使用、学校行事での使用など、あらゆる場面で活躍してくれるプラスチックダンボールを探しているなら、ローコストで軽く、様々な色合いのものを取り揃えているので、梱包以外の使い道で考えている人にもオススメの素材です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 看板の種類と設置するメリットについて All Rights Reserved.